上野東京ライン

JR高崎線、宇都宮線、常磐線の一部列車が東京駅に乗り入れる「東京上野ライン」が2015年3月14日に開通し、16日の朝には初の通勤ラッシュを迎えた。ツイッターでは「上野駅での乗り換え不要」。「上野-御徒町間の混雑緩和」などの恩恵にあずかった通勤者がさっそく喜びの報告をしているが、一部ユーザーからは悲鳴が続出しているようだ。
「東京上野ライン」は上野-東京に新設した3.8kmの線路を走る電車の愛称。宇都宮線と高崎線は東海道線と相互直通運転を行い、常磐線は品川駅まで直通運転を実施する。北関東から首都圏南部へのアクセス向上、上野駅での乗り換え不要などメリットは大きい。山手線や京浜東北線の混雑も重要なポイントで、特に平日朝には高い混雑率を誇っていた「上野-御徒町間」では大幅緩和ができるとして話題になっていた。開通後初の出勤日となった16日の朝には、ツイッター上でも「すごい上野東京ラインの影響で山手線、京浜東北線がめっちゃ空いてる!」と歓迎する声が上がっていた。
しかし、一方ではダイヤ改正も重なって混乱もあったようだ。とりわけ被害をこうむったとみられるのが東海道線ユーザーだ。ツイッターには「足が地面に着いてない」「かつてないほどの激混み」といった嘆きが相次いでいるようだ。実際すし詰め状態の車内に乗り込むことができず電車を見送り、諦めて並走する横須賀線に乗り込む乗客も少なくなかったようだ。
東海道線ユーザーの苦悩はそれだけではない。これまでは東京駅発着だったため、1本見送れば高確率で座ることができたのが、東京駅始発が激減したことで座ることも難しくなってしまった。また終点が東京駅で亡くなったことで乗り過ごしの危険性も増した。さらに上野東京ラインのホームには湘南新宿ラインも停車するためさらに混乱を招いているようだ。ダイヤの乱れが起きた際は広範囲での遅れが生じることが懸念されており、多くの利用者に影響が出ることになるだろう。メリットとデメリット、どちらが大きいのだろう…。

キアヌ・リーブスが秋葉原に出没

ハリウッドの人気俳優キアヌ・リーブスが来日しているらしく、秋葉原や新宿に出没しているという目撃情報がTwitterなどで写真とともに報告されているようだ。とは言っても観光で来ているわけではなく、バリー・アイスラー原作の「ジョン・レイン」小説シリーズのドラマ化『Rain』の撮影のために来日している可能性が高いのだそうだ。主人公ジョン・レインは日米ハーフの殺し屋で、シリーズ第1作『雨の牙』、第2作『雨の影』は日本が舞台と言う設定なのだそう。来日中のキアヌはファンとのツーショット写真に応じたり、街中の路地裏を歩いたり、キアヌらしい気取らない行動が明らかになているという。キアヌと言えばまるでホームレスのような姿で公園のベンチで休んでいるところをパパラッチに撮られたりとハリウッド俳優らしからぬ飾らない私生活が有名だが、着の身着のままに日本をブラブラしているかと思うと見かけたらビックリするだろう。今日本の街中を歩いていたらキアヌを目撃できるかもしれない。

豆乳で健康美人

豆乳は女性の強い味方です!
豆乳はもはや美容の世界においてもマストアイテムです。豆乳の力を知ったら、あなたも豆乳を飲まずにはいられないでしょう。
豆乳には女性に嬉しい、女性ホルモンの源となる「大豆イソフラボン」が豊富に入っています。
豆乳を飲むことによって、美肌効果があったり、お通じがよくなったり、バストアップ効果があったり、さらにお肌に塗ることによって、毛が薄くなるような効果もあるのです。
また、豆乳は気軽に豊富なビタミンを摂取することが出来ます。さらに大豆イソフラボンだけでなく、豆乳に含まれるビタミンの力でお肌がきれいに保たれるのです。
さらに、豆乳は低カロリーで、たんぱく質も多く含まれてますので、ダイエットにももってこいの飲み物です。
しかし、飲みすぎには注意が必要です。豆乳は飲みすぎると大豆イソフラボンの過剰摂取により、生理不順になったりと逆効果になってしまいます。豆乳は、1日コップ2~3杯程度にしましょう。
あなたも今日から豆乳を飲んで美活をはじめましょう!

豊島区で猫の里親募集

飼い主のいない猫の飼育希望者への譲渡や、保護などを行う、東京豊島区の東京キャットガーディアンは12月3日現在、子猫135頭、成猫92頭の里親を募集しているという。
東京キャットガーディアンはNPO法人で、保護や譲渡意外にも、猫の相談窓口などさまざまな分野を取り組んでいる。
また、猫カフェのような開放的なシェルターを作って運営することによって、従来は譲渡が少なかった、成猫やはんどぃキャップがある猫ちゃんたちにも新しい家族が見つけやすくなったという。また、公式サイトでは、各シェルターの様子を動画でランダムに配信して。猫ちゃんの様子を見るのも可能だ。譲った後も、里親主に定期的にインタビューをおこなったりしている。

黒板ジャック

武蔵美術大学の学生が、休み中の小学校に訪れて、児童に内緒で全学級の黒板にチョークで絵を描く「黒板ジャック」を行った。ジャック、と言っても無断で行ったわけではなく「アート作品で子供たちに驚きを味わってほしい」と学生らが発案した、同大学が小中学校で取り組むれっきとした美術交流の一環だ。登校した児童たちは「すごい、誰が描いたの?」「これ、チョークで描いたの?」とびっくりしていたようだ。全教室に違う絵が描かれているという校内放送が流れ、児童らは他の教室を見ていったそうだ。

作品は5色のチョークでリアルに描かれた目玉焼きとご飯の朝食や、8色のチョークを使った鳳凰、白色のみの細密画のような作品など。そんな作品も授業が始まる前には描いた本人の手で消されていった。「黒板だからこそ、あっという間に消えてしまう『刹那の芸術』の良さがある」という考えからだそうだ。

武蔵野美術大学は黒板ジャックのほか、小中高校に学生の作品を飾り、描いた本人が児童や生徒に解説する「対話型鑑賞プログラム」など美術を介した交流に取り組んでいるという。「朝、黒板に絵があっただけで、その日は特別な一日になる。表現は楽しいものだと伝えたい。学生にとってもチョークでどこまで描けるかの挑戦」ということらしい。「子供の表現が自由になった」との反響もあるようだ。子供たちにとっても、学生にとっても刺激になりプラスとなる取り組みのようだ。

ねぎ油

「ねぎ油」という名前を聞いたことがあるだろうか。

この「ねぎ油」とやらを、チャーハンやラーメンにいれるだけで、劇的にうまくなるというのだ。

もちろん、インスタントラーメンや、カップラーメンにいれても、美味しくなるというのだから、驚きである。

ねぎと油のコンビネーションがラーメンの風味を一段と上げるという。

ここで少し、プロも使う、ねぎ油の使い方を説明しよう。

作り方はとっても簡単。

ねぎの青い部分を適量の油の中に入れ、強火でねぎが”ビチビチ”と音がしてくるまで、ねぎを揚げます。

ねぎが”ビチビチ”と音がしてきたら、火力を弱める。

※ねぎ油を作る上でのコツは、弱火でじっくり葱の風味を 油に移す事!

油の量と火力によって時間はまちまちだが、 家庭では、10分前後ぐらいで、ねぎが少しこげ茶色に なってくればOK。

こんなに簡単に作れてしまう、「ねぎ油」。大量に作っておいて、冷蔵庫にストックして、いろいろな料理に入れてみるのはいかがですか?

グルジアが「ジョージア」に変更

旧ソ連諸国の一つ「グルジア」」の国名表記を「ジョージア」に変更になるそうだ。

グルジアの国名はグルジア語では「サカルトベロ」だが、関係者によると国連加盟国193か国のうち約170か国は、英語表記に基づく「ジョージア」という呼称を使っている。ロシア語の表記が起源の「グルジア」という呼び名は、ロシアと旧ソ連圏と中国、日本だけなのだという。

国の読み方にもよくあることだが、英語圏だと「マイケル」という名前がフランス語圏だと「ミッシェル」、ドイツ語圏だと「ミヒャエル」となったり、国が違えば呼び方が異なるというのはそれぞれの国の時代背景なども影響していると考えると面白いものである。

何故番号があるのか

子供のころ、公衆電話の前を通りかかったらその電話の着信音が鳴った。

何だか怖くて、走って逃げたのを覚えている。

でも電話がかかってくる、という事はちゃんと電話番号がある、ということだ。

なぜ公衆電話に電話番号があるのかというと、電話が正常に動くかどうかの試験をするためだとか。
設置時と定期試験の時に実際に公衆電話に電話をかけて動作を確かめている。電話番号を公開していないのは、
悪戯や悪用を防ぐ為の様だ。

大半は間違い電話らしい。

苦労の果てに

ジョーリンターナーはロニーやグラハムの後釜だった事もあり、非常に厳しい評価を受けた。

だが過小評価だったと、今ならハッキリしている。その後のパープル参加の時も、非常に良い仕上がりだったのだが。

パープルを脱退したジョーは、そのころはパープル時代のあまりにもその人間関係の醜さやレコード会社とのしがらみなどが原因で本気で音楽業界から嫌気が差したとのこと。しかし、ジョーほどの男がそう簡単に音楽をやめることなどできるはずがなく、しばらくしてソロ活動をはじめ、およそ10年ぶりとなるセカンドアルバム「Nothing to Changed」をリリース。決して地味な印象はぬぐえないがすばらしい内容の作品だと思う。

今でも地味に活躍していて、日本のHRファンにとって人気のシンガーの一人だ。

これは知らなかった

かつて、小人プロレスというものがあったのを初めて知った。

長年プロレスファンでありながら。

主には全女の前座だった様だが、身長110センチ程度のレスラー達がプロレスを展開する。

笑いを取る為にやっていたそうだ。

会場でしか見られず、TVでは完全カットなのだから、知らなかったのも当たり前かもしれない。

リトルフランキーという選手が有名だった様だ。

小人の人達がテレビに出たりすると、すぐに「差別だ」という声を挙げる人が居るが、それによりテレビ局が彼らを出さなくなると、仕事がなくなって困るのは結局彼らの方なのだ。

本当にこれは難しい問題だ。