走行トラックからタイヤ外れる

走行していたトラックからタイヤが外れ、後ろを走っていたトラックにぶつかる事故があった。後ろを走っていたトラックの運転手が意識不明の重体となり、病院で治療が行われている。
昨日27日午後8時前、岐阜県恵那市の中央道を走行していたトラックのタイヤが外れた。運転していたのは東京都の飯田崇さん。このタイヤは後ろを走っていた福岡県の平嶋和博さんのトラックにぶつかり、平嶋さんは意識不明の重体となっている。
近くを通った男性が、トラックを発見し警察に「前が破損したトラックが停まっている」と通報した。このトラックの4キロほどさきに飯田さんのトラックが停まっており左後輪のタイヤが2本外れていたとのこと。警察では事故の状況を調べている。
ネットでは運が悪かったというコメントを多く見受けた。たしかに、突然タイヤが転がってきたら避けようがない。意識が戻ることを祈るばかりだ。

駐車場に男性遺体

8日午後6時ごろ、「知人と2週間ほど連絡が取れない。親戚の男に殺されたようだ」と通報があり、東京都足立区鹿浜の自動車販売店の駐車場で、ブルーシートにくるまれた男性の遺体が見つかった。
遺体はこの店に勤務する埼玉県の40代の男性とみられ、死後数週間が経過しているそうだ。
同じ会社に勤務する親戚とみられる40代の男が「遺体を駐車場に遺棄した」などと話していて、男を死体遺棄の疑いで逮捕する予定とのこと。
親戚の男性は、何故殺人を犯してしまったのだろうか。
何かトラブルがあったのかと思うが、殺人に至ってしまうほどのことがあるのだろうか。
理解がしがたい。
最近は簡単に人を殺してしまう人が多いと感じた。

彗星で休眠の探査機見つかる

人類はまだ自由に宇宙へ行くことができない。そのため無人探査機を飛ばし星の様子を調べる。
そんな彗星探査機で、奇跡がおきた。場所が分からなくなっていた小型探査機が発見されたのだ。
小型探査機フィラエは、2014年11月に親機ロゼッタから分かれて彗星に着陸したが、上手く地面に固定されず崖の陰に消えた。そのまま周囲の観測データを親機に送信し、バッテリーが切れて休眠状態に入ったという。翌15年の6月と7月に通信が一時的に復活し、また途絶えた。
親機ロゼッタは、04年3月に打ち上げられ長い時間をかけて彗星に達し観測を続けてきた。なんと今月末には12年半の観測ミッションがおわるところだったそうだ。
ロゼッタは、彗星の上空約3キロから撮影。倒れているフィラエが写っていたという。担当者は「残り1カ月という時期にフィラエを撮影できてうれしい」と語った。
12年間も宇宙を漂った親機観測機が役目を終える。なにか新発見があったか、とても楽しみだ。