スマホや光回線解約に新制度

電気通信サービスの契約について、2016年5月から消費者の保護が強化されるという。トラブルが目立つ光回線などの固定通信サービスに、クーリングオフに似た制度が導入されるとのこと。
店舗で購入したスマートフォンが電波をうまく受信できない場合などに、端末も含めて解約できるようになるという。
光回線などの電話勧誘や訪問販売をめぐっては契約トラブルが増加しているそうだ。そのため、消費者を保護する内容の改正電気通信事業法が5月に成立、総務省が11月に省令案をまとめた。運営指針なども改定したうえで、16年5月から始まるという。
大きな変更点は、クーリングオフに似た「初期契約解除制度」の導入だ。対象は、スマホなどの移動通信サービスと、光回線やケーブルテレビなどの固定通信サービスの利用契約。契約書面を受け取って8日内なら、事業者の合意がなくても解約できるようにするとのこと。ただし、解約までの利用料や事務手数料、工事費用は利用者の負担になる。悪質業者の不当請求を防ぐため、工費と事務手数料の負担額は総務省で上限を定めるという。
スマホや携帯電話の店頭販売と通信販売については、条件付きの解約になるそうだ。また利用者が契約内容をきちんと理解できるようにすみやかに契約書面を交付することも義務付けられる。書面には料金や支払方法、オプションサービス、解約条件などを記載する。スマホ端末を分割支払いにして通信料を割り引く場合は、支払額の内訳を図で示すようにするとのこと。
携帯電話・スマホ利用者の多くは契約内容をよく理解していないのが現状だという。特に高齢者はよく分からないまま勧められたプランを契約しているといった場合も多いだろう。今回の改正で損をしてしまう人が減ることが期待できそうだ。
しかし新しい契約ルールが実際に動き出すのは半年先。契約するときは、月々の支払額や契約期間、解約料金などを確認することが重要だ。割引やキャンペーンなどの惑わされず、機器を使う頻度や環境を考えて利用を決めた方が良いだろう。

注射嫌いに嬉しい痛みが和らぐクリーム

検査や治療などで何度となく注射をうけたことがあるだろう。注射は痛い。苦手な人は苦手だろうが、避けて通れないものひとつと言える。JR東京総合病院麻酔科・痛みセンターの花岡一雄医師いわく、痛みは痛いと思えば思うほど強くなるのだという。
2012年に承認された疼痛緩和クリームが進化した。「注射針・静脈留置針穿刺時の疼痛緩和」として承認され、0歳児を含む小児への用法用量も追加された。有効成分を配合し、液状にしたことで、従来のものよりも皮膚への透過性が高く麻酔効果があがったという。花岡医師は注射時に痛みを和らげるための麻酔注射にも有効であるとしている。子供から大人まで、痛みを和らげて注射をうけることが可能になる。さらに保険が適応されるということなので、注射が苦手な人はクリームの使用を試してみてはいかがだろうか。