男性はコンビニスイーツを自分で買いに行けるのか?

菓子メーカー・明治が発表した「コンビニスイーツ」に関する意識調査によると、働く男性に「仕事中コンビニスイーツが食べたくなることがあるか」と質問したところ、75.7%の男性が「ある」と回答したそうだ。中でも20代では92.6%と非常に高い割合となり、社会人男性が仕事中に”コンビニスイーツ”を求めていることが分かった。
またコンビニスイーツを食べたくなったとき、どのように入手しているのか聞いたところ、最も多かったのは「自分で買いに行く」だったそうだ。そのほか50代を中心に「諦める」という人や、20代男性では「職場の人(男性)に買ってきてもらう」という人も一定数確認されたとのこと。
コンビニスイーツを自分で買いに行くことについて、81.3%の人が「人の目は気にならない」と回答した、「人の目が気になる」という男性はおよそ2割だったそうだ。特にレジの店員さんが女性だった場合に躊躇してしまう人が多いようで、繊細な男心がうかがえた。また、4人に1人が人の目を紛らわせるために「他の物と一緒に買ったことがある」とのこと。とは言え男性向けのスイーツが増えてきたこともあって、以前に比べてコンビニスイーツを飼いやすくなったと感じている男性は多いようだ。