上野東京ライン

JR高崎線、宇都宮線、常磐線の一部列車が東京駅に乗り入れる「東京上野ライン」が2015年3月14日に開通し、16日の朝には初の通勤ラッシュを迎えた。ツイッターでは「上野駅での乗り換え不要」。「上野-御徒町間の混雑緩和」などの恩恵にあずかった通勤者がさっそく喜びの報告をしているが、一部ユーザーからは悲鳴が続出しているようだ。
「東京上野ライン」は上野-東京に新設した3.8kmの線路を走る電車の愛称。宇都宮線と高崎線は東海道線と相互直通運転を行い、常磐線は品川駅まで直通運転を実施する。北関東から首都圏南部へのアクセス向上、上野駅での乗り換え不要などメリットは大きい。山手線や京浜東北線の混雑も重要なポイントで、特に平日朝には高い混雑率を誇っていた「上野-御徒町間」では大幅緩和ができるとして話題になっていた。開通後初の出勤日となった16日の朝には、ツイッター上でも「すごい上野東京ラインの影響で山手線、京浜東北線がめっちゃ空いてる!」と歓迎する声が上がっていた。
しかし、一方ではダイヤ改正も重なって混乱もあったようだ。とりわけ被害をこうむったとみられるのが東海道線ユーザーだ。ツイッターには「足が地面に着いてない」「かつてないほどの激混み」といった嘆きが相次いでいるようだ。実際すし詰め状態の車内に乗り込むことができず電車を見送り、諦めて並走する横須賀線に乗り込む乗客も少なくなかったようだ。
東海道線ユーザーの苦悩はそれだけではない。これまでは東京駅発着だったため、1本見送れば高確率で座ることができたのが、東京駅始発が激減したことで座ることも難しくなってしまった。また終点が東京駅で亡くなったことで乗り過ごしの危険性も増した。さらに上野東京ラインのホームには湘南新宿ラインも停車するためさらに混乱を招いているようだ。ダイヤの乱れが起きた際は広範囲での遅れが生じることが懸念されており、多くの利用者に影響が出ることになるだろう。メリットとデメリット、どちらが大きいのだろう…。